マツダは2015年までにグローバルに販売するマツダ車の平均燃費を2008年比で30%向上させることを目指している(執筆当時)。2007年の段階では、減速回生、ハイブリッド、電気自動車、プラグインハイブリッドなど、電気デバイスは増えていくという普及予測を立てていた。だが、主たる発動機が内燃機関であることに変わりない。内燃機関がクルマの動力のメインだろうという予測のもと、クルマの基本性能の向上を図ったうえで、電気デバイスを組み合わせていくビルディングブロック戦略を立てた。, まず、内燃機関と車体の技術を徹底的に追究し、これにスカイアクティブテクノロジーを組み合わせていく。これをベースに電気デバイスを段階的に導入する。すなわち、アイドリングストップのi-stop、減速エネルギー回生システムのi-ELOOP。そして、ハイブリッドだ。ハイブリッドは3番目のステップとなる。

発行・発売日:2020年11月4日 トヨタはマツダとの協業で次期クラウンやマークx後継frセダン開発を視野にいれているという。そんな状況のなか、スープラで協力関係になったbmwとの提携を解消する可能性が出てきたという。 BMWとの協業で誕生したトヨタスープラ。しかし、その一方で、トヨタはマツダとの協業で次期クラウンやマークX後継FRセダンにマツダが開発したFRプラットフォーム、直6を搭載するという情報が入ってきている。, こうした状況のなか、スープラ開発で生まれたBMWとの蜜月関係は微妙に暗雲が立ち込めているという。トヨタはBMWとの提携を解消するのか?.

Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 一方で、クラウンクラスの基幹モデルだけに、トヨタオリジナルのTNGAプラットフォーム、V6、直4を主軸としたパワートレーンという線も否定はできない。, と、スクープ班が情報を掴めば掴むほど混迷を強く感じるトヨタのFR戦略だが、さらに新たな情報としてレクサスIS F復活の情報をつかんだ。, 現行型ISのデビューは2013年5月なので間もなく7年が経過する。2016年10月に大がかりなマイチェンを実施して現在に至る。, フルモデルチェンジの噂は絶えないが、今年2度目のビッグマイナーチェンジが予定されており、少なくとも今後3年以上フルモデルチェンジの計画はないことが判明した。, IS Fは前型ISのバリエーションとして初の「F」モデルとして登場したが、現行型には設定されず、セダンの「F」はひとつ大きなGSFに引き継がれた。, しかしISサイズの「F」モデルを求める声は大きく、マイチェンとは別に、新たにIS Fを投入するというのが最新の情報だ。, パワートレーンは他の「F」モデルと同じV8、4968㏄NAで最高出力481ps、最大トルク54.6kgmを発揮。8速ATが組み合わされるというもの。この新型IS Fの投入により、GS Fがラインナップから消滅することになる。, 今後もトヨタのFR戦略を引き続き追っていくので、新たな情報が入り次第お伝えしていくことにしよう。, リッターSSが尖りすぎて日本勢もキレた!!! 反転攻勢の可能性を探る, 「B」と「S」ってそもそも何? 最新車のシフトポジション 正しい使い方を知っていますか, 【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。. Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト, 完成されたバランスを維持しようとすれば、トヨタ流のハイブリッドになってしまう。 マツダ流を押し通そうとすればバランスは崩れ、協業する意味を失ってしまう。 トヨタから受け取った「素材」をいかにマツダ流にアレンジするかが勝負だった。 【巻頭特集】発表! ヒット予測ベスト30 TEXT:世良耕太(SERA Kota), 2010年3月、トヨタ自動車とマツダは、プリウスのハイブリッド技術ライセンス供与に関し、合意に達した。実を結んだのが2013年10月に発表されたアクセラというわけである。 そうなるとBMWとの関係性はどうなっていくのか!? 文/ベストカー編集部写真/ベストカー編集部CGイラスト/ベストカー編集部初出/ベストカー2020年2月20日号, 2019年5月、トヨタがスープラを復活させた。この背景にはBMWとの協業があったことはトヨタからも公表されているので周知のことである。, このトヨタとBMWの関係性は、事実関係が明らかにされるまでは、「BMWが新型Z4を開発し、それに途中からトヨタが参画して、Z4とプラットフォームを共用する形で新型スープラの開発に漕ぎ着けた」と外部では考えられていた。, トヨタがBMWと接触した時点で、新型Z4の開発はスタートしてはいなかった。いや、それどころかトヨタ側は新型スープラ(となる)を開発するためにBMWとの協業をスタートさせたわけではなかった。, スープラの開発を指揮した多田哲哉チーフエンジニアは、一番最初、「なにもないところから、双方の話し合いというか、探り合いのなかからスポーツカーを新たに開発して行くことが企画として決まっていった」と言っていた。, BMWとしても、単独でZ4のようなスポーツモデルを開発することは難しい状況だったということだ。, たしかに事実として出来上がったスープラとZ4は基本となるシャシー、プラットフォーム、パワートレーンを共用している。, だが、特にプラットフォームは「どちらかのために開発された」ものではなく、BMWとトヨタがそれぞれ必要とする要件を出しあって、その中での最適値を求めていった結果のものなのだ。, エンジン、トランスミッションなど基本となるハード部分はBMWが開発、設計したものである。しかし、制御部分はトヨタがオリジナルに開発したものだ。BMW 完成されたバランスを維持しようとすれば、トヨタ流のハイブリッドになってしまう。 マツダ流を押し通そうとすればバランスは崩れ、協業する意味を失ってしまう。 トヨタから受け取った「素材」をいかにマツダ流にアレンジするかが勝負だった。 TEXT:世良耕太(SERA Kota) 【第3特集】マーケター・オブ・ザ・イヤー2020 ■Amazonで購入する, このコンテンツはセミナー・プラス会員限定です。お申し込みをされますと続きをご覧いただけます。, 日経クロストレンドのコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。, 左がライズ(トヨタ自動車)。発売11カ月で約11万台を販売した。右のロッキー(ダイハツ工業)も3万台を超えた, 注)日本自動車販売協会連合会が発表する新車販売台数の月次データを基に作成。合算順位は各月のライズとロッキーの販売台数を合算した場合の乗用車ランキングにおける順位, 20年1、2、6月には、ライズ単独でも乗用車トップの販売台数を記録。取り回しの良さや広い荷室などが好評を得た, 日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」。コロナ禍でヒットした商品とは? ランキングの全貌とそれぞれの商品・サービスの「ヒットした理由」について解説する。.

【JO1 奇跡の歩み】サバイバルオーディション番組発新人アイドルが大躍進 1967年東京生まれ。早稲田大学卒業後、出版社に勤務。編集者・ライターとして自動車、技術、F1をはじめとするモータースポーツの取材に携わる。10年間勤務したあと独立。モータースポーツや自動車のテクノロジー... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。.  そう商品本部の柏木章宏氏は説明する。マツダはこれまで独自にハイブリッドシステムを開発していたが、「短期で知見を獲得しながらビジネスで成功させること」を考慮し、トヨタから技術ライセンスの供与を受けるのがベストだと判断したのだという。. それともスポーツモデルはBMWとの協業で継続して、セダン系はマツダとの協業で開発を進めていくのか? 今後のトヨタFR戦略の行方を追う! 国内はもう小型車だけでいいのか!? 正直、これでは効率が悪い。前出のトヨタ関係者の話から判断すれば、BMWとの関係性よりも、今後はマツダとの関係性を強化していくことになるのだろうか!?

Z4とは出力特性は明確に異なる。, 「トヨタ側とBMWはまったく別々に開発を行っていました。BMW側からアレはダメだとか、ここはこうしろなどといった口出しなどはいっさいありません。もちろん、雑談程度に開発状況を相互に話すことはありましたが、お互いがお互いの開発に専念する体制でした」と多田CEは開発過程を説明する。, こうして出来上がったのが現在市販されているトヨタスープラであり、BMW Z4なのだ。多田CEは「スープラはバージョンアップしていくので楽しみにしてほしい」と明言している。, その言葉通り、トヨタは2020年2月13日、米国フロリダ州デイトナで、北米仕様のGRスープラRZ(3L、直6モデル)2021年モデルを発表した。, 今回の改良では、エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、エンジンの圧縮比を変更。, 最高出力を従来モデルの335hp(339.6ps)/5000~6500rpmから382hp(387.3ps)/5800~6500rpm(従来型比+14%)に向上させた。, 最大トルクは365lb-ft(約494.9Nm、50.495kgm)/1600~4500rpmから368lb.ft.(約498.93Nm、50.894kgm)/1800~5000rpmに向上させた。, これは北米仕様の数値で約48ps/約0.3kgmアップしたということになるが、おそらく日本仕様でも同様の出力アップが図られるだろう。ちなみに現行スープラRZの日本仕様は340ps/51.0kgm。, これにより、0~60mph(約96km/h)加速は3.9秒と、従来モデルより0.2秒短縮している。, またフロント部にブレースを追加してボディ剛性を強化するとともに、それに合わせてサスペンションを再チューニング。コーナリング中の安定性向上を図っている。, 北米仕様2021年モデルの発表と同時に、これまで北米仕様にはラインナップされていなかった2Lモデル(255hp=258.5ps/295ib-ft=40.8kgm)と1000台限定のA91エディションも発表された。, A91エディションは3LのRZをベースにリアルカーボンのリアリップスポイラー、カーボン製のミラーキャップ、Cピラーのグラフィックス、19インチのマッドブラック鍛造ホイール+フロント255/35ZR19、リア275/35ZR19インチタイヤ、スープラのロゴが入ったブレンボ製のレッドキャリパーなどが装着されている。, さらにインテリアはブラックレザー&アルカンターラにブルーのステッチが入ったシートやドアトリムが装着されている。, ボディカラーはノクターナル(ブラック)とリフレクション(ブルー)の2つが用意され、リフレクションについてはA91エディション専用色。, さて、気になるのは改良を受けたスープラRZの日本仕様がどうなるかということ。日本仕様のスープラRZは2020年秋以降に発売されるとのこと。, アメリカでは秋にイヤーモデルが切り替わるため、2021年モデルとなる。尚、A91エディションの日本発売については未定。, このようにトヨタとBMWの関係性は良好なように感じる。しかし、必ずしもそうではない……、と懸念する声もトヨタ社内では囁かれている。, 「スープラとZ4の開発では、最終的には相互理解に至ったと思いますが、BMWはドイツのトップクラスのメーカーとしてのプライドがあります。一部の開発陣からは、特にトヨタと組んでも得るものはない、という声も聞こえています。, 一方トヨタ側でも、BMWはプライドばかりでまったくトヨタ側の言うことを聞こうとはしてくれないという、あきらめにも近い声を聞きます」と言う。, たしかにBMWとの協業が好調であれば、スープラ開発をきっかけに次なる企画が次々と立ち上がっても不思議はない。BMWの得意とするセダン系などは、トヨタとしても大きな知見を得ることになるはずだ。, トヨタを軸とした提携関係はどんどんその幅を広げている。スバルとは資本提携を強化し、次期型86/BRZの共同開発の継続、さらにこれとは別の「最高に気持ちの良いAWDモデルの共同開発」も明確にしている。, またマツダとも資本提携を結んでおり、これがマツダが中長期計画の中で明言しているFRプラットフォームの開発、さらに直列6気筒ガソリン&ディーゼルエンジンの開発にもリンクする。, すでにお伝えしているように、スクープ班が掴んでいる情報では、FRプラットフォーム、直6エンジンともにマツダ単独での展開ではなく、トヨタとの共同開発があればこその開発資源投資なのだという。, マツダの年間グローバル販売規模は160万台程度だ。DセグメントFRサルーンを開発しても、マツダブランド単独で開発コストに見合った収益を上げることは難しい。, そこで提携しているトヨタとの連携だ。クラウンクラス、さらに生産を終了するマークXのポジションに新規投入するスポーツセダンなどに活かしていくことで新型プラットフォーム、パワートレーンを開発することの説明はつく。, このFRコンポーネンツを活用すれば、スープラに匹敵するスポーツモデルの開発も実現可能だ。.

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の23位にトヨタ自動車の「ライズ」とダイハツ工業の「ロッキー」が選ばれた。クルマ業界で2020年を代表するヒットとなったコンパクトSUVだ。, コロナ禍で自動車業界全体が苦戦する中でも、人気を得ているのがコンパクトSUV(多目的スポーツ車)。2020年を代表するヒットとなったのが、「ライズ」(トヨタ自動車)と「ロッキー」(ダイハツ工業)だ。この2つは兄弟車。ダイハツが開発・製造を担い、トヨタにOEM(相手先ブランドによる生産)でライズを供給する。, 19年11月に発売してすぐに人気に火が付き、2車種を合わせた新車販売台数は20年3月まで5カ月連続で乗用車トップ。その後も好調を続け、11カ月間でライズは約11万台、ロッキーは約3.4万台を売った。, 運転しやすい5ナンバーサイズながら、広い車内空間や荷室を実現。荷室容量は、車体がひと回り大きいトヨタの「C-HR」を約2割上回る。5ナンバーSUVが市場に少ない中、街乗りにもレジャーにも力を発揮するクルマとしての魅力を十分に高めた。その上で、ライズが167万円台(税込み)から、ロッキーが170万円台(同)からというコストパフォーマンスの高さが支持され、幅広いカテゴリーから乗り換えの選択肢になった。, 【最新号のご案内】日経トレンディ 2020年12月号

.

グラクロ 遥か昔の怨念 攻略, フェンディ 財布 メンズ, ドラ恋 主題歌 歴代, 雨のち晴レルヤ 歌詞 ひらがな, ルイヴィトン ミニ財布 ランキング, 生活保護 医療費 請求, モエ エ シャンドン ネクター アンペリアル ロゼ, プルームテック モニター 2020, 京都 米原 新快速 停車駅, 京王線 回数券 金券ショップ, 北千住 金券ショップ アクセス, 12月24日 何 する, 鈴木愛理 ライブ 2019, 12月24日 何 する, 監察医 朝顔 最新話, アイ ターン 一 話, 楽天ポイントカード番号 セキュリティコード ない, Jr東日本 臨時列車 2020 冬, 楽天ペイ エラー E00002, 太もも ランニング 痩せる, 陸上 短距離 筋トレ, サイン 宇宙人 弱い, トリスタン 幕間 ゲスト, 軽トラ キャンピング 固定, 朝顔 11話 ネタバレ, ニトリ ポイント 支払い, 朝顔 ロケ地 2020, タマシイ レボリューション 歌い方,