Theaters in May”, http://www.animenewsnetwork.com/news/2008-04-14/1st-death-note-film-to-run-in-300+u.s-theaters-in-may, https://web.archive.org/web/20080420032644/http://deathnotefilms.com/trailers.php, 戸田恵梨香、再び弥海砂役で『デスノート』続編出演 10年後のミサミサにプレッシャー「とても悩みました」, http://www.cinemacafe.net/article/2016/06/06/40982.html, 『デスノート Light up the NEW world』特別版でテレビ初放送!金ロー, “完全新作映画の“前日譚”『デスノート NEW GENERATION』Huluで配信”, http://www.oricon.co.jp/news/2076587/full/, デスノート / the Last name / Light up the NEW world, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=デスノート_(映画)&oldid=79921350, オリジナル・サウンドトラック - 「SOUND of DEATH NOTE the Last name」(, 製作 - 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、, 「DEATH NOTE」原作 - 大場つぐみ、小畑健(集英社ジャンプコミックス刊), 製作 - 長澤一史、中山良夫、沢桂一、木下暢起、堀義貴、福田太一、大角正、藪下維也、永山雅也、永井聖士、熊谷宜和, 劇中使用映像 - 『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』(監督:金子修介、脚本:大石哲也), 製作 - 2016「DEATH NOTE」HOD PARTNERS(Hulu 、バップ、2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS), この一覧には映画デスノート二部作、続編、またはスピンオフ作品に登場した重要キャラクター達を含む。, デスノート 証言〜Beginning of the Movie〜(1枚組・前編のナビゲートDVD。レンタル専用), デスノート the Last name profile report from L(1枚組・後編のナビゲートDVD。レンタル専用・マルチアングル機能(3ストリーム)搭載), デスノート DEAD OR ALIVE Assist DVD(1枚組・再編集されたTV特番などを収録したDVD。2006年11月22日発売), カウントダウン・クライマックス「DEATH NOTE DEAD OR ALIVE」, デスノート 前編(セル版・DVD1枚組、2007年3月14日発売)(VPBT-12686), オーディオコメンタリー(監督 金子修介×プロデューサー 佐藤貴博×プロデューサー補 田中正), デスノート the Last name(セル版・DVD1枚組、2007年3月14日発売) (VPBT-12687), デスノート the Last name Blu-ray(1枚組、2009年2月25日発売), オーディオコメンタリー(監督・脚本 金子修介×プロデューサー 佐藤貴博×プロデューサー補 田中正), デスノート complete set(前後編本編+特典DVDの3枚組、2007年3月14日発売)(VPBT-12688), ディスク3:特典DVD(デスノート・デザイン・ジャケット(月ver.と海砂ver.のいずれか)に収納), 特製スリーブケース&デジパック仕様(封入されているデスノート・デザイン・ジャケットでデジパックの仕様が異なる), デスノート -5th Anniversary Blu-ray BOX-(前後編BD+特典DVDの3枚組、2011年11月25日発売), デスノート Light up the NEW world 通常版(1枚組、2017年4月19日発売), 映像クリエイト集団「BRDG」×「デスノート」スペシャルスポット(各9秒ver.), デスノート Light up the NEW world complete set(3枚組、2017年4月19日発売), 三島・竜崎ほかデスノート対策本部メンバーによるオーディオコメンタリー(東出昌大×池松壮亮×藤井美菜×青山草太×竹井亮介×大迫一平×大塚ヒロタ), ディスク2:特典ディスク1(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録), ディスク3:特典ディスク2(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録). 『デスノート』は、2015年7月5日から9月13日まで毎週日曜日22:30 - 23:25[注釈 1]に、日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送された日本のテレビドラマ。全11回。, 漫画『DEATH NOTE』を原作とし、2006年に公開された実写映画版、2015年のミュージカル版に続き、今回初めて実写テレビドラマ化される。原作とは違うキャラクター設定でオリジナルストーリーとなり、実写映画版では描かれなかったキャラクターも登場する[1][2]。, 主演の窪田正孝は本作の演技が評価され、第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞した[3]。, 主人公の夜神月(やがみ ライト)は、居酒屋でアルバイトをしながら公務員を目指している、ごく平凡な大学生。過去に母親を亡くした際に、父親が仕事に追われていたことから、父親に確執を持っており、世の中を斜に見ていた。, ある日、親友の鴨田が高校時代の同級生・佐古田に恐喝される現場に遭遇。恐喝をやめさせようとするも、力無く為す術もなかった月は自分の無力さを知り、「力が欲しい」と願う。そんな月の頭上に、夜空からDeath Noteと表紙に書かれた黒いノートが落ちてきた。「名前を書かれた人間は死ぬ」という裏表紙の記述に呆れながれも、つい佐古田の名前を書いてしまう月。そして翌日、佐古田が死亡したという知らせが入り、彼はそれが本当に人間を殺せるノートであったと知る。, 困惑し殺人の恐怖に怯える月の前にノートの本来の持ち主だった死神・リュークが現れる。だがリュークは月を咎める事もなく、逆に月がこのノートをどう扱うか見届けると言う。月はノートに凶悪な犯罪者たちの名を次々と書き込んで葬りはじめた。やがて人々は名も知らぬ「彼」一人によって凶悪犯が断罪されていると察知。いつしか「彼」は 殺人者(=Killer)の意味から「キラ (KIRA)」と呼ばれるようになった。, 国家の枠を飛び越え世界中で殺人を犯すキラの捜査・逮捕はICPO(インターポール)に委ねられた。ICPOは正体不明の名探偵・L(エル)にキラ事件の調査を依頼。Lは来日し、警視庁捜査一課に勤務する夜神総一郎(月の父親)と共にキラに挑む。そして傍観する死神リュークと、心中を明かさぬ謎の人物・N(ニア)が、“キラ”と“L”の対決の行方を涼やかに見つめる。, ここではテレビドラマ版のキャストについて説明する。登場人物の詳細は、DEATH NOTEの登場人物やそれぞれの記事を参照。, 第2話までエンドロールのテロップでは、リュークと思しきシルエットが記載されていた。, デスノート / the Last name / Light up the NEW world, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=デスノート_(テレビドラマ)&oldid=80189660, 日村章子(別の偽名:牧村妙子/本名:ハル・リドナー:Halle Lidner) -, レイ・ペンバー:Raye Penber(本名:マーク・ドウェルトン:Mark Dwellton) -.

しかし、この漫画を読んで子供に月(ライト)と付ける親が出てしまったという都市伝説がある。, 実写が評判良かった数少ない作品 -- 名無し (2013-10-11 09:53:20), ↑正直ラストは原作超えてると思うが -- 名無しさん (2013-10-11 10:11:09), ↑実写版の決着もまさに「その手があったか」って感じだったな -- 名無しさん (2013-10-14 04:23:10), 実写版は原作やアニメより救いのある結末だったから好き。総一郎は生存したし、ニアはL達との交流を経て思いやりの心を学んだから原作みたいなひねくれた性格にならず真っ当な名探偵に成長するだろうからまたデスノート事件が発生しても彼等なら敢然と立ち向かい解決してくれるだろうと信じている。 -- 名無しさん (2014-01-13 22:42:19), 全ての始まりは死神が暇潰しにデスノートを落としただけってのが怖い。たったそれだけでキラ事件が生まれるとは。 -- 名無しさん (2014-01-13 23:55:41), 内容も下手なバトル無いから実写に向いてたしねw こういうのは得意なのに、何故他の実写は・・・(泣) -- 名無しさん (2014-01-14 00:03:52), ↑×4原作と違う結末になる理由が月が記憶戻した後に海砂の監視が続いてたからは納得だった。 -- 名無し (2014-01-14 00:24:59), ↑原作で反対してた捜査本部がそれを許したのも、一重にLが「覚悟」を示したからだと思う。 -- 名無しさん (2014-01-14 00:45:40), 実写は描写とか演出は正直良くなかったと思うが、あのオチが秀逸すぎて評価持ち直したと思う。原作知ってるほど驚けるし -- 名無しさん (2014-03-02 20:30:52), 連載終わって数年たってからジャンプに載った特別編は、あくまでこの話はLとキラの物語でありそれはもう完全に終わったんだなと思わせられる話だったな。 -- 名無しさん (2014-03-02 20:43:50), 実は水木しげるもデスノートっぽい短編書いてる。 -- 名無しさん (2014-04-26 22:36:04), 魅上が死神の目で見たとき、伊出さんだけやけに寿命が少なくて悲しくなった。 -- 名無しさん (2014-05-02 13:11:06), これが図書館に置かれているのは、果たして良い事なのかあるいは悪い事なのか 判断に困るな -- 名無しさん (2014-05-04 23:04:18), 実写の月は全然月じゃないのに悪くないのが凄い。役者の力だろうか。 -- 名無しさん (2014-08-04 08:55:09), Lと月のせめぎ合いが好きだったので、L死んだ後、読むのやめちゃった(個人的好みの話で、つまらなくなったとか作品の出来の) -- 名無しさん (2014-08-04 11:58:12), ↑良し悪しとは関係ありません -- 名無しさん (2014-08-04 11:58:43), 最終巻のDEATHNOTEのルールが「死んだものは生き返らない」だったのに鳥肌たった -- 名無しさん (2014-09-29 21:25:27), ミサが最後の最後に精神崩壊しちゃったのがもうね…あんな怪しげな宗教の集まりで「キラ様…」とか言っちゃってさ -- 名無しさん (2014-09-29 21:30:39), ↑あれミサじゃないよ。最終話でミサ出てこなかったから間違えた人多いけどただのモブの少女 -- 名無しさん (2014-10-04 16:15:37), 考えてみたら12巻までしかないのか。昨今の漫画は長期が多いから短く感じる。 -- 名無しさん (2015-03-16 22:06:09), クレヨンしんちゃんでは『DEATHおえかき帳』というパロディネタがあったし -- 名無しさん (2015-03-18 11:26:52), 実写はLが勝ってくれたから嬉しかったわ。正直ニアよりもLの方が大好きだったから -- 名無しさん (2015-06-08 19:36:35), 最近は実写ドラマが設定云々で賛否両論。たかが天才が普通になったくらいでいちいち騒ぎすぎだと思う。 -- 名無しさん (2015-07-05 17:34:52), 実写ドラマは知らんがウェディ姉さんでてくれるといいな -- 名無しさん (2015-07-07 02:09:32), ツッコミどころあるんだ。当時の(今も)オレにはさっぱりだwググれば出てくるかな? -- 名無しさん (2015-12-08 01:05:36), なんだかんだで漫画、アニメ、実写でそれ相応の評価を得た非常に稀な作品。 -- 名無しさん (2016-01-18 21:28:10), ↑12&13あの最後の場面、何を示していたんだろうね。 -- 名無しさん (2016-04-05 20:36:42), 火口が小悪党なりに頭を捻って権力を握ろうとするけど、やっぱりダメだったってのが滑稽で好き -- 名無しさん (2016-05-12 20:12:29), 気づいたら映画でまた新作くるが10年も経って6冊もあるって死神の世界どうなってんのかと -- 名無しさん (2016-06-22 12:30:31), the last nameの佐伯警察庁長官の言葉「誰だ?こんな阿保を議員にした奴は! ?」よく言ったと思います。 -- 名無しさん (2016-08-09 11:24:46), ↑2 トリック解説は揺さぶりのはったりも含んでるとは思うが、そうだとすると余計月が気づかない小物になっちゃう -- 名無しさん (2016-09-08 13:16:02), 違反コメントを削除しました -- 名無しさん (2017-02-19 22:48:15), 最終回のスピード違反をしているバイク集団が描写されたとき、この作者は悪人だと認識したわ -- 名無しさん (2017-05-02 23:51:40), 読者についてだけど この漫画って重くて暗い内容じゃ -- 名無しさん (2017-06-20 21:14:07), 実写一作目でオリキャラが出るってなった時、当時はどういう反応だったんだろう?蓋を開けてみれば世界観を壊す事なくオリジナル要素を盛り上げた良キャラだったわけだけど、公開前は酷評されたりしなかったのかな? -- 名無しさん (2017-06-29 19:36:24), この作品の死神たちが2ちゃんねるなどのインターネット掲示板のシステムを知ったら恐ろしいことになるかも... -- 名無しさん (2017-08-30 22:43:53), ↑ 殺して欲しいやつの情報よこせとか? ドラマ版でSNSが似たような感じになってたな -- 名無しさん (2017-11-09 11:10:11), 掲示板なんて警察が令状もってきたら通信会社の協力でIPたどられて終わるだけじゃん -- 名無しさん (2018-12-07 17:29:55), ↑人間じゃなく死神だから逮捕不可能じゃない? -- 名無しさん (2020-02-13 18:14:09), 最後の集団はお年寄りや女性がほとんど。おそらく犯罪被害者や遺族の集まりなんだろうね…。 -- 名無しさん (2020-06-15 21:24:16), 最近気付いた。ライトとミサと魅上の名前は日本神話の三貴子に基いてる。ライト=ツクヨミ・ミサ=スサノオ・魅上=アマテラス。ついでにライトの通ってた高校は「大国学園」でオオクニノヌシから来てる。デスノ自体は西洋っぽいが、キラ側の3人は思いっきり日本神話なんだな。 -- 名無しさん (2020-10-01 13:54:38). ニアには 『勉強が出来るだけでただの馬鹿』 とその姿勢を酷評された。 実は月も大学時代同じような感想を抱いている。 実写映画版では後述の火口のような役割で、月とは知り合いですらなかった。 2016年10月4日 [デスノート] Lの死後、キラと闘うことになったニアとメロ。 デスノートをしっかりみていない人にとっては謎の多い人物だと思います。 『デスノート』は、2015年 7月5日から9月13日まで毎週日曜日22:30 - 23:25 に、日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送された日本のテレビドラマ。 全11回。

.

Nec Carrity 自動転送 22, ダイソー アロマキャンドル 匂い 5, 吹奏楽 曲名 わからない 37, 影でモテ る 男 9, Line 送信先を選択 画像 5, ダイソー ファイルケース ファスナー 5, サーカスtc Dx 雨 44, 玉川大学 教授 年収 5, Outsystems 論理 削除 4, 妊娠悪阻 入院 ブログ 8, 魔法のコトバ 歌詞 意味 6, Supportassist System Resolution ない 7, タイプと 言 われ た女性から 8, Realtek Hd Audio Universal Service スタートアップ 32, Nec Carrity 自動転送 22, 永瀬廉 父 パイロット 6, 社用車 事故 減給 13, Mp3 アルバムアート 削除 5, Remote Ssh Vscode Extensions 6, マツダ コネクト 改造 2019 5, Docker Mysql Lower_case_table_names 9, H鋼 塗装 単価 33, フリード テレビキャンセラー 取り付け 9, Selenium Vba Download File 9, Lg Line 通知 4, 東のエデン 板津 死亡 11,